非常用発電機負荷試験

非常用発電機の負荷試験についてのご相談は

0120-170-065

受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)

TEL

ご相談

擬似負荷試験がおすすめです 擬似負荷試験について詳しくはこちら
擬似負荷試験がおすすめです 擬似負荷試験について詳しくはこちら
2019年5月31日までにいずれかの実施義務が法令で定められています 2019年5月31日までにいずれかの実施義務が法令で定められています 施設の停電が不要な「疑似負荷試験」について詳しくは

"非常用電源の点検"を行っていないと…

2018年6月の大阪北部地震の際に大規模停電が起きましたが、複数の病院において、何らかの理由で非常用電源に切り替わらないケースがありました。
揺れが強かった地域にあるおよそ6割の病院が、消防法で義務付けられた非常用電源の点検を行っていませんでした。

停電時の火災があった場合に非常用発電機が動かなければ
いろいろな設備に影響が出ます

スプリンクラー

消火栓

非常用電灯

水道, エレベーター, 病院設備, その他…

震災による停電・火災が起き、発電機が動かなかったために死傷者が出た場合などはオーナー様や管理者様が罰則の対象者になります。

法令で決められた点検実施を行っていないとなると民事責任・刑事責任を問われる可能性もあります。

罰則について

非常用発電機の法令点検を行っておらずに事故が起きた場合は、以下の罰則が課せられます。

電気事業法 発電設備の設置者 技術基準への適合命令、または使用制限
建築基準法 検査報告をしない者または虚偽の報告をした者 100万円以下の罰金
消防法 点検報告をしない者または虚偽の報告をした者 30万円以下の罰金、または勾留
上記従業者と所有者、管理者 最高で1億円の罰金及び刑事責任
非常用発電機の点検や負荷試験について、まずはお気軽にご相談ください

0120-170-065

受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)

お問い合わせはこちら

疑似負荷試験とは

当社がおすすめする疑似負荷試験では、発電機へ疑似負荷を直接繋ぎこむため、
お客様設備の停電は不要です。消防設備や、電子機器などへの影響はありません。

疑似負荷試験グラフ 疑似負荷試験グラフ

負荷試験機

非常用発電機

疑似負荷試験の特徴

負荷試験機を軽量コンパクトに改良し、作業が簡単に出来る様になりました。

簡単に負荷試験が出来るようにと、15年程前に開発された装置が、乾式ヒーターを使用した負荷試験機です。
負荷試験機の重さは約20kg~30kgですので発電機まで試験機を運び込むことができます。

※発電機の容量等により異なることがあります。

作業時間は試験機の搬入搬出を含め2時間程度で終わります。

発電機の容量に合わせて、大小さまざまな試験機が有るので作業時間も1~2時間で出来、点検費用も軽減出来るようになりました。

※現地状況により異なることがあります。

当社は一般社団法人 日本発電機負荷試験協会の点検事業者だから安心です。

一般社団法人 日本発電機負荷試験協会は、消防法に義務付けられております非常用発電機のコンプライアンスに基づく点検を実施して頂くべく、発電機の設置先施設様並びにその関連企業様に、啓発活動及び点検技術者の教育を目的として、平成27年5月に設立された一般社団法人です。

非常用発電機の点検や負荷試験について、まずはお気軽にご相談ください

0120-170-065

受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)

お問い合わせはこちら

疑似負荷試験の流れ

1. 外観

2. 試験機の搬入作業

3. ヒーターユニットの連結作業

4. 発電機又はキューピクル側の電源遮断

5. 負荷試験機を発電機に接続

6. 消防点検添付データの作成

非常用発電機の点検や負荷試験について、まずはお気軽にご相談ください

0120-170-065

受付時間:9:00~17:00(土日祝日除く)

お問い合わせはこちら
ページトップへ