スレート屋根・折板屋根・畜産波板 工場や倉庫の屋根へ太陽光パネルが重すぎて載せられないとお困りではありませんか?
荷重余力はありますか?補強工事が必要ではないですか?間引き設置になりませんか?
    超軽量太陽光発電システム「ラズソーラー・ネオ」ならスレート屋根や折板屋根にも補強工事不要で設置可能です!
超軽量 一般的なパネルの約半分の軽さ!全額即時償却・初期投資無しで継続売電収入・20年間出力保証 工場や倉庫の屋根で売電収入!超軽量!太陽光発電システムラズソーラー・ネオとは?


屋根貸しビジネス
工場など産業用建物に使用されている屋根は、実は大半がスレート屋根と折板屋根です。

全国のスレート屋根の総面積は15億㎡といわれています。折板屋根はそれ以上あり、巨大な流通倉庫、歴史のある工場、学校などの体育館も、折板屋根やスレート屋根がほとんどです。
日本の一般的な地域では、構造体は積雪荷重の採用で構造計算されているケースがほとんどであり、既存の屋根及び構造検討上、積載余力のない建物への新たな積載荷重の見込みは約10kg/㎡となっています。従って、一般的な太陽光発電システムは20㎏/㎡の重さがありますので設置が不可能です。

一般的な建物の余力荷重約10kg/㎡<一般的な太陽光パネル約20kg/㎡の重さ一般的な太陽光パネルは重すぎて産業用建物には設置不可能なことが多い!
建物に載せるタイプの産業用太陽光パネル選びのチェックポイント!太陽光パネルの重さに耐えられる荷重余力はありますか?パネル設置のための補強工事が必要ではないですか?重量の関係でパネルを目一杯設置できず、間引き設置になりませんか?

お問い合わせ

資料請求

ラズソーラー・ネオは圧倒的に軽い太陽光発電システムなので一般的には重いものが載せられないスレートや折板、畜産波板にも補強工事不要で設置可能です! 超軽量太陽光発電システム「ラズソーラー・ネオ」のご紹介“超軽量パネル”と“独自の設置特許工法”で圧倒的な軽さを実現!設置不可能と言われた建物にも設置可能な超軽量太陽光発電システム特長1 超軽量! 一般的な太陽光パネルの約半分の重さ一般的な太陽光パネルに比べて、重量は約半分。設置後の重量も半分以下の約8kg!

ラズソーラー・ネオは一般的な太陽光パネルに比べて、重量は約半分の軽量太陽光発電パネルです。設置後の重量も、従来型の結晶系モジュールの半分以下の約8kg!
なので、工場や倉庫等に使用されている折板屋根や新耐震基準以前の建物の構造体への耐荷重・荷重的要素により、設置不可能と判断された建物への設置が可能です。

軽量なので補強工事が不要!だから設置時のトータルコストを抑えられます。
屋根に10kg/㎡以上の重量物を載せるのはなぜいけないのか?違法建築になる可能性が高いからです。また、補強工事の場合は、建物内の操業を1~2か月止める事も想定され、現実的でありません。特長2 重量架台不要! 屋根に穴を開けない“独自の設置特許工法” 基本的にビス穴をあけることなく、専用のフレームで太陽光パネルを屋根に直接設置します。漏水の心配がない、安心の特許工法!特長3 屋根を最大限活用! 間引き設置によるロスをなくします一般的な太陽光パネルを載せる場合、重量の問題で目一杯設置できず、せっかくの屋根を最大限活用できないことがあります。建物の強度上、太陽光パネルを全面設置できないケースでは、間引き設置となってしまい、売電収入には不利になります。特長4 高い技術力を持つ最先端の国内工場にて生産
薄型テレビ用光学フィルター製造のトップシェアメーカー

太陽光パネルを製造するフジプレアム(株)は精度の高さや複雑さが要求される精密貼合技術を活かし、薄型テレビ用光学フィルター製造のトップシェアメーカー。この精密技術を太陽光セルの貼りあわせに応用して完成した革命的な超軽量太陽電池モジュールです。
生産ラインの開発メーカーでも有るフジプレアムは、自社製製造ラインや独自のノウハウにより、高品質な製品を生産。太陽光発電システムの品質を左右するモジュールは、自社姫路工場にて製造しております。

TÜV規格認定(20年出力保証)

国際的な製品安全試験・認証を行う第三者機関であるテュフ ラインランドが安全性や品質などに関する試験を行い、合格した製品だけに発行。住宅用太陽光発電導入支援対策費補助金制度に関する適合モジュールの要件の一つとして、太陽光発電普及拡大センター(J-PEC)に認められています。

IEC規格3倍の耐久試験を実施。
高品質のモジュールのみ出荷が許されます。

フジプレアムでは独自の厳格な試験基準を設定。IEC規格の3倍の耐久試験を実施し、長年の使用でもホコリや水の侵入を極限まで抑制する、優れたクオリティのモジュールだけを出荷しています。フジプレアムは技術と品質で信頼を獲得してまいりました。
特長5 安心の保証。万全のアフターメンテナンス体制も整えております出力保証20年・製品保証1年 お客様のご要望に応じたメンテナンスプランもご用意しております。

お問い合わせ

資料請求

導入メリット・シミュレーション 即時償却の場合 取得価格の全額を全額即時減価償却可能。取得時はパネルで節税し、費用償却後は、継続的な売電利益!初期投資なしの場合 売電収入より、リース支払いで初期投資無しの導入。リース終了後、収益拡大!補助金の活用 エコリース促進事業補助制度もあります。

個人事業主、中小企業等における、太陽光発電のリースでの導入に際しては、リース料総額の5%(東北3県は10%)が補助されます。
エコリース促進事業補助制度の詳細に関しては下記ページよりご確認ください。
▼一般社団法人ESCO推進協議会 エコリース促進事業部ホームページ
http://www.jaesco.or.jp/ecolease-promotion/

お問い合わせ

資料請求

では、実際にわが社の場合は、太陽光パネルが載りそうかどうか。載りそうであれば、初期投資がどれくらいで、回収年数がどれくらいかかるのかを知りたいのだが。先ずは、お客様要望書、図面、屋根写真を送付ください。載りそうで有れば、概算見積りとシミュレーションを作成させて頂きます。導入までの流れ各種申請業務から施工まで応える一貫体制 設置事例のご紹介スレート屋根や折板屋根、畜産波板など一般的には重いものが載せられない建物への設置事例をご紹介いたしますCase1.スレート屋根への設置 発電規模:126.0kw  設置面積:900㎡
設置前

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
設置後

クライアントの課題

建物の荷重余力がなく、一般的な太陽光パネルが載らない工場のスレート屋根に設置したいとご相談をいただきました。

当社ソリューション手法
屋根に穴を開けずに、既存のフックボルトを利用しての設置のため、アスベストなどの飛散の無い設置。
スレート屋根に出来るだけ荷重が掛からない工法設計。
屋根を知り尽くした、設置のプロ集団による、安全施工を行いました。
お客様インタビューはこちら

Case2.折半屋根への設置 発電規模:199.8kw  設置面積:1423.3㎡
設置前

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
設置後

クライアントの課題

建物の荷重余力がなく、一般的な太陽光パネルが載らない折板屋根に設置したいとご相談をいただきました。

当社ソリューション手法
事前に屋根に合わせた、太陽パネルへの設置下地加工。
現場で太陽パネルをスライドさせて取り付けるのみの為、短い工期での、安全設置を行いました。
Case3.畜産波板屋根への設置 発電規模:1008.0kw  設置面積:7200㎡
設置前

※写真をクリックすると拡大写真が表示されます。
設置後

クライアントの課題

畜産建築は荷重計算を簡易に計算しており、一般的な太陽光発電システムでは設置不可だが、どうにかして太陽光パネルを設置できないかとご相談をいただきました。

当社ソリューション手法
荷重計算によっては、下地に力骨を補強しての設置。
既存の屋根材に直接負荷をかけないため、耐久性の向上にも。

畜産波板屋根への太陽光発電パネルの設置事例がテレビに取材されました。

(設計・施工:株式会社川口スチール工業)
マスコミ掲載
日刊工業新聞 太陽光発電システム専門誌『ソルビスト』 週刊ゴム報知新聞 佐賀新聞
よくあるご質問

お問い合わせ

資料請求

トップページ